カテゴリー別アーカイブ: 人物

ドーンセンターに参加

DSC_0612[1]

久しぶりに昔の絵仲間と会えて楽しかった。

モデルはKMKの坂根さんで何度か描いたことがある。アルシュ粗目の初使用である。まだよくわからないが描きやすい感じがする。

紙が無くなる

DSC_0611[1]

ついにロール紙が切れた。気づかなかったので、古いクレスター紙を使用した。発色が悪いのはわかっていたので強めに色を置いた(ほぼチューブから出してそのままべっとりつかう)

ラクルールにて

外人モデル(ソフィアさん)モデル経験浅いような人。それゆえ新鮮な感じがした。

描き初め ラクルールにて 裸婦クロッキー

DSC_0559[1]あけましておめでとうございます。諸事情により永らく更新してませんでした。気分新たに頑張ります。

これは5分のクロッキー2枚。紙がもったいなく1枚に描いた。

DSC_0562[1]

 

 

 

 

 

 

これは3枚とも各2分。早いけれど必死で特徴をとらえて描こうとして面白かった。

DSC_0569[1]

 

 

 

 

 

 

 

これは10分ポーズで最初から水彩紙に描いて、帰ってから着彩した。クロッキーを数多く描いた後だったので、手も動き、割と細かいところまでかけた、色を付けると雰囲気が出る。

 

アメリカ女性セミヌード 固定ポーズ

DSC_0504[1]ありゃ またマスクだと思われたと思います。日曜日のモデルさんは1か月前と同じモデルさんでほぼ同じポーズで前回は横から今回は斜め正面からでした。マスクは無しにしてほしかったがラクルール主催者の千さんの要望なのでしょうがない。

 

アメリカ人セミヌード その2

DSC_0422[1]

モデルさんが仮面マスクをつけて現れたとき皆に軽い驚きが広がった。 20分の鉛筆デッサンを自宅でその時を思い出しながら水彩で仕上げた。怪しげな雰囲気の中に少しコミカルな感じが出て面白い作品になったと思う。

バレエ姿のモデル

DSC_0372[1]小林教室にて 実際にバレエ経験のあるモデルさんでポーズが決まっていた。家で見せると老けすぎといわれたのでその辺修正した。それから左足が開きすぎなのでまた修正。つくづくデッサン力がないのを痛感した。