作成者別アーカイブ: hirochan

hirochan について

透明水彩とクラシックギターが趣味の 戦後団塊世代の男性です。

友の会新作

手の表現に時間を取られました。手はむつかしい。それと右足が切れてしまい、不安定な構図になってしまいました。F8の紙は小さい。

1年半振り 同好会 水彩

混色方法があいまいなので4色ぐらいしか使えなかった。

でも絵を描くことの楽しさを思い出せたので良かった。久しぶりに絵の仲間にも会えたし。

モデル 町田京子さん

顔にこだわった絵

今まで使用済みアルシュの裏紙に描いていたが、せこいことはやめた。おかげで発色が見違えるようによくなった。

少し焦った

殊勝にも下絵を描いてから構想を練り、明暗個所も決めて、さて本番、となってからが問題でありました。デッサン力がないのでなかなか形が決まらない、1時間以上たって色塗りを始める。焦っているのでとりあえず薄い色を塗りたくり乾いていないうちに重ね塗り、結果濁る。なぐさめは前回の作品でデッサンがひどかったが今回は時間がかかったがまあまあの出来だったこと。次行こう、次。W

こだわり過ぎた絵

顔を似せようと力を入れ過ぎ、全身を無視した修正を行ってしまう。特徴はとらえるものの少し変。やけくそで上半身のみ公開 W